効果ない 共通点

ドラッグストアの増大サプリで効果の出ない人の共通点

共通点

 

ドラッグストアやドン・キホーテなどに売っている増大サプリを飲んでも効果が出ない人。
また、ネットで販売されている増大サプリを飲んでも効果なしの人。
これらの効果の出ない方たちにはある共通点があります。
それは以下の3つ。

 

・毎日飲まず効果がないと思いすぐに諦めた
・増大効果のない間違った飲み方をしている
・効果のないパチモンを飲んでいる

 

思い当たるふしがある人は読み進めてみてください。

 

 

・毎日飲まず効果がないと思いすぐに諦めた
増大サプリはサプリメントです。
サプリメントは薬とは違います。
サプリメントは日本語では「健康補助食品」や「栄養補助食品」と訳されます。
つまり、サプリメントは「食品」なのです。
なので、コンビニやスーパーでなどで手軽に購入することができます。

 

薬と違い、食品である以上、効果が強い成分が入っていないのもサプリメントの特徴です。
そのため、「毎日飲むこと」と「継続して長期間飲むこと」で体質を変化させペニスを増大させることができます。
長期間とは最低でも3ヶ月以上のことです。
1ヵ月や2ヵ月では増大サプリでペニスを大きくすることは難しいでしょう。
(私の場合は2ヵ月から3か月目にかけて大きくなりました。)

 

また、体質を変えるとは、
・ペニスへの血流を上げること
・ペニスの細胞である海綿体細胞が大きくなるよう成長ホルモンの分泌を促すこと
この2つの体質改善によってペニス増大が可能になります。

 

体質を変えるのは大変です。
そのため、「毎日飲むこと」と「継続して長期間飲むこと」ができなかった人は増大サプリで効果を得ることはできなかったでしょう。

 

 

・増大効果のない間違った飲み方をしている
増大サプリがペニスを大きくするために必要な成分はアミノ酸です。
アミノ酸は人の体に必ず必要なもので20種類あります。
その中でもアルギニンやシトルリン、トリプトファンやオルニチンといったアミノ酸がペニス増大効果をもたらします。

 

アルギニン、シトルリンは血流を改善する効果があります。
血流が改善すると勃起した時にペニスに多くの血液が充満して勃起力を上げてくれます。
トリプトファンやオルニチンは、ペニスの海綿体細胞を大きくするために必要な成長ホルモンの分泌をサポートする効果があります。

 

これらアミノ酸を効果的に摂取できるタイミングは空腹時です。
よくネット上では増大サプリは食後に飲んだ方が良いと言っているものがあります。
これは科学的根拠もありませんし大嘘です。
アミノ酸はたんぱく質の構成物質で、タンパク質を摂取するとアミノ酸も摂取されます。
タンパク質はほとんどの食品に含まれています。
そして、アミノ酸は体に必要な栄養素ですが、1日に摂取できる上限があります。
その上限を超えた場合、尿と一緒に排出されてしまいます。

 

つまり、食後に増大サプリを飲んだ場合、食事によってアミノ酸が満たされた状態なので、この時に増大サプリを飲んでもアミノ酸の摂取上限を超えてしまい、体に吸収されず、尿と一緒に排出されてしまうのです。
これでは意味がありません。
そのため、増大サプリの効果を引き出すためには空腹時に飲むことが重要なのです。

 

食後に飲んでも効果の出ない人は空腹時に飲むのを試してみてください。

 

 

・効果のないパチモンを飲んでいる
もし3ヶ月以上飲んでも1cm以上ペニスが増大しない場合、効果のない増大サプリである可能性が高いです。
世の中には200種類以上の増大サプリが出回っています。
その多くは効果のないパチモンです。
中には体に有毒な危険な成分が含まれた増大サプリも出回っています。

 

効果のある増大サプリを見分けるのは大変です。
でも増大サプリを選ぶ際、一つの指標になるのが「販売実績」です。
増大サプリは平均して2〜3年で姿を消します。
多くは効果がないことが分かり販売不振になったり、苦情が来たり、健康被害が出て販売差し止めになったりと、長く販売している商品が非常に少ないです。
3年以上販売実績がある商品はある程度、効果が認められたもの、品質が安全な証拠になります。

 

中には5年以上販売している商品もあります。
増大サプリの業界で5年以上の販売実績を誇っている商品はこの商品しか知りません。

そのサプリメントは私の体験談で紹介しています。

ゼファルリンの公式サイト